見出し画像

広島県の企業誘致助成制度が全国で初めて「家族」も対象にした理由は、単身赴任がさみしすぎるから

広島県は,県外から本社機能を移転・分散させるデジタル系の企業等に対して、ヒトとモノに対する「初期コスト」を、1社につき最大1億円を助成します。

2021年2月末までは、最大2億円に上限を引き上げています。よかったら、特設ページをご覧ください。


ここで声を大にしてお知らせしたいことは、広島県の企業誘致制度が、ヒトの誘致にも積極的で,人間味が溢れている!という事実です。


家族を対象にしたのは広島県が初。このたび社長も!

初期コストやランニングコストについては、特設ページをご覧いただくとして、ヒトを対象にした支援メニューがこちらです。

 (1)移住する代表者に最大1000万円
 (2)移住する社員1人あたり200万円
 (3)移住する代表者や社員の家族1人あたり200万円
 (4)新規採用する社員1人あたり100万円

2020年10月から2021年2月末までの期間限定で、1人当たりの助成額を100万円から200万円に倍増しました。

また、社長や社長の家族,新規採用社員も支援対象に加えました。

例えば,社員が家族6人を連れて移住すると,1400万円です。
(注:企業に対しての支援です。各個人に交付するわけではありません)

画像3

家族を対象にしたのは2016年から、全国初の取り組みです。

前例がないからには、始めるときに何か特別な理由があったのではないか、気になります。


なぜ家族も対象に? センパイに聞いてみた

廊下を挟んで向こう側のフロアに、家族を対象にした制度を設計したセンパイ職員がいるので、企業誘致担当のやまき、聞きに行きました。


やまき(以下、や) 企業誘致の助成制度、なんで家族を対象にしたんですか?

センパイ(以下、セ) え、、、急ね。

 はい。

 家族も一緒に広島に来てほしいな~と思って。

や まあ、そうですよね。


(・・・いや、もうちょっと深掘りしとこう。)

 急に思いついたわけじゃないですよね?

 まあね、どうやったら企業の拠点が広島に来るんか、一人でいくら考えても何も浮かばんかったんよ。

 はい。

 それで、まずは県内企業に聞いてまわった。

 どうでした?

 みんな、広島が大好きだった。

 うれしい!

 うれしかった! 「食べ物もおいしいし、街と田舎が近いのがいい。釣りができる」って。

 え、でも県の職員が聞いたから、リップサービスなんじゃ・・・

 いや、「ほんまにいいとこじゃ~」って、よそから転勤してきた人も奥から出てきて言いよっちゃったんよ。

 へぇ、うれしいですね。

 そうなんよ。それで転勤者に聞くのがええわと思って,いろんなところで聞きよったらね、ヒントがもらえたんよ。

 おお、ついに!?

 ついに!!

 それで?

 「広島県、ものすごくいいところなんですけど、人は明るいし、食べものも最高だし、自然もあっていいところなんですけど」って。

 それでそれで?

 「家族と一緒だったら、どんなに楽しいところか」「酒どころ・西条の酒を楽しく飲んで帰ったらね、さみしいんですよ」「帰りたいな~、単身赴任は嫌だな~と、一人暮らしの部屋に帰るとしんみりするんです…」って。

画像2

 それでピンと来たんよ。

 家族が一緒に移住しやすくなる制度があればいい!

 そう。それでね、さっそく県庁に持ち帰って、従業員の異動と同じ額で、移住する家族の人数も企業への支援対象にする提案をしたらね、「そりゃ、ええわ!」とみんなが言うてくれちゃってから、それで制度ができたんよ。

 反対意見は?

 なし。

 まさかのゼロ?

 そう。ゼロ。上司もその上司も財政担当も知事も議会も、家族を対象にすることについて反対意見はなかったんよ。

 すごくないですか?

 すごいよね。

画像3


以上,単身赴任のサラリーマンによる「さみしい」の一言がきっかけで全国初の制度ができた、という話でした。

その後、移住したい社員が経営者を説得し、広島県内にオフィスを移転・分散したケースが実際にいくつかありました。

理想の暮らしを手に入れ、仕事で能力を発揮している方々の様子は、とてもまぶしく見えます。

この記事は 広島県 県内投資促進課 が書きました。
オフィスや開発拠点の地方移転に関するお問い合わせはこちらから
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/office-relocation/


この記事が参加している募集

スキしてみて

この街がすき

こりゃ、えぇもんもろうたわ。
広島県の外にいる皆さんに向かって、広島県が好きすぎる県庁職員が広島県のことをご紹介していくnoteです。