見出し画像

広島県、noteはじめます!

はじめまして。

広島県公式noteでは、おもに「広島県の外」にいる方に対して、広島に興味を持ってもらうための情報を発信していきます。

2つのチームによる2つのチャレンジです。

初期のnoteクリエイターは、商工労働局県内投資促進課と地域政策局地域力創造課の2つのチームが中心になります。

部署名がえらく長いですよね…。

前者は企業誘致を担当する「toB(企業向け)の営業部」、後者は移住促進を担当する「toC(個人向け)の営業部」です。

どちらも顧客(=県民・地元企業)を増やす活動をしています。将来的には、ほかのチームにもバトンを渡していくつもりです。

広島県公式note、2つのチャレンジでスタートします。
(1)47都道府県では初の全庁公式noteです。
(2)ティール組織で運営スタートします。

広島県公式noteは、県全体の広報戦略から始めることになったのではなく、自発的にnoteをしたい人が自然に集まりました。

同じタイミングでnote社に連絡し、「note始めたい!」と相談していたのです。noteの中の人がびっくりされていました。

世間では、「縦割り」という表現が定着している行政組織ですが、部署間の壁を感じない(感じることができない、ちょっと変わった)スタッフが偶然、同じく営業職を担当していたんですね。

たまに情報交換もしていたものですから、「ぜひ一緒にやろう!」と盛り上がり、両方の上司の了解と、広報担当の了解を取り付けて、今に至ります。

県庁と言えば、かなり大きめの組織です。それぞれ局の異なる3つのチームで了解を取り付ける必要がありましたが、ほぼ1日で決まりました。あまりのスピードに、個人的にもびっくりしています。

ただいま読者ゼロの段階ですが、未来の読者さんに「こちらはワクワクしていますよ」ということを最初にお伝えしておきます。

このnoteで、広島県のワクワクした空気が伝わり、多くの方が実際に足を運んでくださる日が来ますように!

181
広島県の外にいる皆さんに向かって、広島県が好きすぎる県庁職員が広島県のことをご紹介していくnoteです。

こちらでもピックアップされています

note pro自己紹介記事まとめ
note pro自己紹介記事まとめ
  • 223本

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメント (4)
全都道府県ではじめてnoteを導入していただき、とってもうれしいです!
広島行きたいのに行けない・・・早く行きたい!
生まれも育ちも広島なので嬉しくてサポートしようとしたらサポート機能がついていませんでした…。
でも「初」なことが我がことのように嬉しい!発信楽しみにしています!

広島在住のライターより
生まれてずっと広島に居るので、本当に嬉しいです!様々な情報発信を楽しみにしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。